後遺症と後遺障害について

世界を代表する先進国の一つでもある日本は自動車大国としても知られており、大勢の方が日常的に自動車を交通手段として用いています。
近年では若者の自動車離れが進んでいるとは言われているものの、自動車は紛れもなく日本人の交通手段として浸透していると言えるでしょう。
自動車やバイクが世の中に数多く普及すると同時に増えてきたのが交通事故ですが、事故の程度によっては後遺症を抱えてしまうこともあります。

交通事故での後遺症と聞くと真っ先に思い浮かぶのはやはりむち打ちではないでしょうか。
事故が起きた直後はそうでもありませんが、翌日や翌々日、もしくは数日後から突然首が痛み出したという経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。
また、実際の後遺症にはほかにもさまざまなものがあり、頭痛を起こしたりめまいがしたり、耳鳴りが続くなどといった症状もあります。
こうした症状が原因で今まで通りの日常生活を送れなくなってしまったりということも珍しいことではありません。

当たり前のように使われている後遺症という言葉ですが、似たような言葉に後遺障害という言葉があることをご存じでしょうか。
多くの方は後遺症と後遺障害を同じ意味ととらえているようですが、実際には異なります。
一般的に医師が口にしているのは「後遺症」のことです。
このサイトでは後遺症と後遺障害の違いについての説明や関連する知識についてまとめていますから、興味のある方は最後まで目を通してみましょう。